fc2ブログ

隠れ家サロン アロマヒーリングルームはちみつ

三重県四日市のアロマセラピーサロンより

ごめんなさい、ありがとう

昔、TVで昭和の衝撃事件みたいなんが
しょっちゅうやってて
よく観てた


その中で気になってたのは


三島由紀夫の事件


作家と習ったけど

映像では軍服みたいなの着て

どこかの建物の上で叫んでる

周りの声がうるさくて

何言ってるかわからなかった

そしてその後切腹して亡くなったというのだけ
知ってた



たぶん最初に観たのは小学生の時?


私は戦争やリアルな暴力や
マッチョが苦手だったので

その物騒な雰囲気も苦手だった



今年の11月半ばに
なぜか

なんで三島由紀夫は死んだんやろうって
急に気になりだした


習ったような気もする



三島由紀夫の作品は
金閣寺だけしか読んでない
小学生の時
日本文学全集にいくつか作品がのってて
読んだはずなのに
全くおぼえてない
なんか金閣寺燃やした?みたいな
話しだったような
違ったような…


あと映画で
仮面の告白も観たけど
あまり印象にない
なんか耽美な雰囲気だったような…



美輪明宏さんの本によく出てきて
美しい物をこよなく愛する
見た目に反してナイーブな雰囲気の
マッチョ…ってイメージ


なのに何で死んだんだろう?



今日やっと三島由紀夫があの最後の時
何を叫んでたのかを
調べた


いや、
なんとなく予感があった


私はそういうのを
意図的にずっと避けてたので


そして
めっちゃ泣いてしまった




どこか世界を
あきらめていた

声が届かないことも
死後どうなるかも
十分理解してた


けれど選んだ


今私は
貴方の作品をほとんど読んでないし
おぼえてもいない

うっすら言葉の端を
思いの端をキャッチできてるかも疑問


けど
言おうとしてたことが
伝えようとしてたことが
すごくすごくわかる!
ような気がする…

いまさらだけど。


私の中の
ナイーブで
ナルシストなマッチョな作家は


とても大切な事を
私たちに残してくれたと感じた
思い出させてくれた


ずっと知らなくて
知ろうとしなくて
ごめんなさい、ありがとう




関連記事
スポンサーサイト




別窓 | セラピストのつぶやき
∧top | under∨
| 隠れ家サロン アロマヒーリングルームはちみつ |