fc2ブログ

隠れ家サロン アロマヒーリングルームはちみつ

三重県四日市のアロマセラピーサロンより

実践アーユルヴェーダ生活 その2舌磨き。

最近では口臭や歯周病対策としても

舌磨きが当たり前になってきてますね。


私も毎朝歯磨きとともに…ベーっと舌をだして

舌磨きをしています。


アーユルでは夜寝ている間に

体の老廃物や代謝しきれない

未消化物などが皮膚や口から出ていく

ということです。

口腔内だと舌に苔のようなんがついて

『舌苔(ぜったい)』と言うそうですが

細胞の死んだのだったり

口の中の細菌などの代謝物質とか

なんとかかんとか……


毎朝舌を見ていると

微妙に色が違うことに気付きました。

基本白っぽいのですが、たまに黄色っぽかったり

ほとんど何もついていなかったりとか。


風邪引いてた時はやたらと舌苔がついていて

ちょっと引きました…

口の中全体もねばねばして

気持ちが悪かったです

風邪が治ってからは

そんなこともなくなりました

アーユルでは舌苔の色や

舌苔の多くつく場所によって

体調のセルフチェックができます。


舌苔が多すぎると

体に不調や疲れがある証拠。

場所は足の裏に反射区があるように

舌にも場所場所で内臓に通じるものがあるとのこと。

おおまかに割ると

奥が大腸、中央が小腸、舌先が心臓。

本当は細かくいろいろ分かれているようです。

舌苔の色が白っぽいのはカパ

黄色っぽいのはピッタ

黒や褐色に近いのはヴァータの乱れだといわれています。

カパ・ピッタ・ヴァータとは何ぞや??

日本語じゃないのでわかりづらいです。

数学のサイン、コサイン、タンジェント並みに

最初聞いたとき????

数学は大の苦手なくせに、予習もせず

塾にも通ってなかったので

周りの友人が当たり前のような顔をしていて

彼らが別の星の人に見えたものです



ヴァータは風

ピッタは火

カファは水のエネルギーが強い体質とか性質という感じです。

風とか火とか言われても

まったくピンときません…(>_<)

あんまり食べてないのに

やたら太るとか…

友達はやたら食べるのに

太らないとか…を

なんとなくそんな感じのことです
(いい加減!!)


複雑で奥深いので自分の復習も兼ねて

少しずつお話できたらと思います。


ちょっと話がそれましたが

舌苔チェックで

『なんだかいつもより多いな~』

って時は、今の体調や気分を自分自身で感じてみると

いいかもしれません。

疲れてるかも?

冷えてるかも?

食欲ないかも?

体の声を聞いて

昨夜は飲み会で暴飲暴食しちゃったよ~…と思えば

今日は食事を軽くして

積極的にお白湯をとったり

早めに睡眠をとったりなど。

疲れを溜めこまないようにリセット

日々ゆらぐ、体と心のバランスをとっていけると

いいですね。

わたくしも、がんばりたいと思います



明日は『そもそもアーユルヴェーダとは何だ?』のお話。



由佳子


スリランカの伝統製法により作られた濃厚ハーブオイルで
アーユルヴェーダ体験
今だけお得なモニターキャンペーンはこちらから



夕方になるとブーツがきつい!!足のむくみは大丈夫??
外食のお誘いに…脇腹大丈夫??
リラックスしながらボディラインケアしましょう。
今月までのお得なキャンペーンはこちらから


ご予約について








別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨

実践アーユルヴェーダ生活。

最近、風邪をこじらせたこともあり…

もう一度自分の生活習慣を見直さねば~と

強く思うどんまい。


ちょうど今アーユルモニターキャンペーンもやっているのですから

自分の体調のこともしっかり観察しながら

アーユルヴェーダをもっと日ごろの生活に

取り入れてかないって手はない


風邪や体調不良なども

アーユルからすると

日ごろの不摂生や消化しきれない

余分なものを体にため込みすぎたための

排出作用っても言われます。。。

鼻水や咳、熱、痰、汗などによって

溜めたものを外に出そうと

「これ以上、余分なものを溜めてくださるな

という体からのサインだったりするので…

…わたくし、相当溜めていたんだなと実感。

体調不良中、少し調子がよいと

すぐ油断して

「調子のイイ時にしっかり栄養取らな~」

と重めの食事をしたんですが

即ぶり返し症状が出て再びダウンしてました。

体調を崩してる時は、食事は控えたほうがよいとの

教えを無視し、おバカな過ちを

繰り返た結果でした。

最後のほうは、食欲がなくなり…

…消耗…


と思いきや。

「あれ?なんか体が楽だ!気持ち悪くない!!」

おかゆ、梅干し、野菜スープを食べるようにしてから

どんどん体がすっきり楽になってきました


…一時期は、「もう駄目だ」

と、大げさに嘆いてたのが嘘のようにケロリ

たまたま治る時期だったのかもしれません。

でも体にあった食事っていうのの大切さに

すごい気付かされました

そんなこんなで最近またまた野菜に凝りだし

冷蔵庫の野菜室がいっぱいじゃないと

少し落ち着かないどんまいであります。


ちょっとずつ、アーユルの教えを取り入れて

実践し体感しつつある今日この頃

明日は舌磨きのお話。


由佳子


スリランカの伝統製法により作られた濃厚ハーブオイルで
アーユルヴェーダ体験
今だけお得なモニターキャンペーンはこちらから



夕方になるとブーツがきつい!!足のむくみは大丈夫??
外食のお誘いに…脇腹大丈夫??
リラックスしながらボディラインケアしましょう。
今月までのお得なキャンペーンはこちらから


ご予約について
別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨

スリランカの思い出 工場見学編

今回は、アーユルヴェーダで欠かせない

オイルを作っている工場見学です

スリランカはガンパハにあるオイル工場!
サンフラウさんで取扱されています)


工場と聞いて想像したのが


『衛生管理がばっちり無菌状態の白い建物』

だったのですが


良い意味で裏切られました


そこは大自然に抱かれた

山小屋のような 昔ながらの工場だったのです



正直びっくりしました


あまりにもイメージと違いすぎて




でも、説明を聞きながら見学するうちに


その工場や製法が如何に貴重であるか


わかってきたのです!!


別に、山小屋じゃなく上記に私が想像したような白い工場であってもいいのに



あえてのレトロな工場。

それにはちゃんと意味があったのでした。


自然に育ったものの生命力を活かすため。

工場の裏庭
スリランカの木々はとても力強く元気に育っています!



例えば、生命力の強い薬草も消毒され

無菌状態にされ、合成された素材から作られた

機械や道具で粉砕されオイルになっても

そのオイルには消毒や機械などにさらされた際に

不必要なものが混じり、

薬草の生命力をオイルに活かしきれない。



ガンパハで使われる道具たちは

かなり年季の入った木や銅などの道具だけ。
木片粉砕

しかも一つ一つが、手作業
木の皮粉砕


ここガンパハ工場は道具などにもこだわりがあり、

本当に天然ものってこういうことだなって感じました。




道具や環境にも昔ながらの知恵を伝えている工場は

今のこの時代にとても貴重なものだと感じました。

工場にいくまで、うたぐり深い私は

「なんらかの偽装があるに違いない



…性格悪いですが



産地偽装などなどが横行する日本育ちのせいで

そんな疑念を抱いていましたが



工場の徹底した、伝統を重んじる製造法を見て

頭が下がる思いでした

まじめにコツコツ。


伝統のオイルレシピを守るために

手間を惜しまないのです。


レシピ内の植物が手に入らないとオイルも作れないそうです。

ここで自然を大事にしていかなくては

強く実感したのです。

自然破壊が進めば、長い時間かけて成長する薬草などは

手に入らなくなってしまうとのこと

すでに、昔は作れたのに、薬草がなくなってしまったため

作れなくなったものもあるとか。
材料サンプル


オイル職人さん

職人さん一人一人が

スリランカの のんびりした時間の中で、

貴重なオイルを作っている姿。

たとえ材料と機械がいくらあっても

決して 同じ物を日本で作ることは出来ないだろうな。。。



この濃厚なオイルを使用して我が『はちみつ』でも

アーユルヴェーダトリートメントを行いたい

そう強く感じたのであります



現在スリランカで学んだ事を活かしながら

私の師匠、アトリエコケット TAMIKO先生の元にて

さらなる修行を積んでおります


アーユルヴェーダは知れば知るほど奥が深く

5千年ともいわれる歴史に培われた


全てを学びきることっていうのは難しいです。


ですが

実践しながら、その知識を学んでいくと

この時代にとても必要な物のような気がしてしまうのです。

私の表現力では、伝わりきらないのが誠に残念でありますが

少しずつアーユルヴェーディックな生活なんかも

アップしていきたいと思います

それではまた~





三重県四日市市 癒しとやすらぎのアロマセラピー
女性限定 完全予約制 
アロマヒーリングルーム はちみつ  より


ゆかこ


☆鈴鹿、四日市、桑名出張サービス始めました。
 (注)はちみつご来店経験のある方に限ります。
 詳しくはメールフォームからお問い合わせくださ~い
 

別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨

スリランカの思い出日記。その2

あさて。

先日に引き続き

スリランカ研修日記でありま~す

086_convert_20090305220009.jpg


こちらのわんこさんは、

私たちの合宿所Jさんちのニーダ君です。

このニーダ君、とても賢く、中庭のパトロールや

お客さんのお出迎え、

そして朝ヨガ時は、研修生への気合い入れ
(全速力で中庭の芝生を駆け巡っては、研修生をふんずけてみたり)

とても穏やかな癒しわんこさんでした

尻尾が短くて、私たちが帰ってくると短い尻尾を

これでもか!とばかりにフリフリしてくれるのです。

最後帰る時は、尻尾フリフリも少し元気がなくって。。。。

研修生一行は涙を誘われたのでした

078_convert_20090305222127.jpg

そしてこちらは、Jさん宅のお食事で~~っす

実は研修がメインだった割に、スリランカ行きを決めた当初から

「カレーじゃ!カレーじゃ!」

と騒いでいた私

研修中も

「…なんか授業と食事の時のテンションが違う~!!」

なんて突っ込まれてしまったり

毎回新鮮な南国フルーツ、パパイヤ、マンゴー、パイナップルなどなど

どれも美味しくて、必ずと言っていいほど「おかわり」を

繰り返した結果、、、、

前半で体重が大変なことにっ

「おかしい、アーユルヴェーダ的生活を送って、ヨガまでしてんのに!!

太るはずがない!!」

なんのことはない。

アーユルヴェーダだけでなく、健康の基本

腹八分を忘れていた私。

毎食苦しくて動けなくなるくらい食べてたのでね。

太って当然ですね


実は私のデジカメ、研修後半なんぞは

食べ物の写真しか写っていず

結構自分自身にがっかりしてしまいました。

いい旅の思い出だけど、

どんだけ食い意地はっとんのやろ。。。


140_convert_20090305223622.jpg
142_convert_20090305223811[1]


こんな具合に、数種のカレー

野菜たっぷりのお惣菜。

スリランカの方と、J婦人(日本の方)が共同で作ってくれるので

ある程度日本人になじむ味付けにしてくださってて

ありがたかったです。

そしてちょいちょい、和食も登場したので

和食食べたい病にも陥らずにすみました。

こちらでのカレーは、毎日食べても飽きないくらい

スパイシーだけど旨味もしっかり出てて美味しかった

毎食毎食楽しみでした~



スリランカでスリムになって帰国する算段が

前半でかなりの体重オーバーをきたし

あせりまくった私。

途中からは「腹八分」を意識し

おかわりなしに。

しかし、J夫人の

「スリランカに来て痩せて帰らせるなんて
 申しわけなくて~」

の一言でおかわり再開。

私も毎回たくさん作ってくれる美味しいお料理

残すのもったいな~い!!と

自分の力の及ぶ限り食べ続けたのでありました。



結果???



もちろん、さらに太りましたが?





アロマヒーリングルーム はちみつ

由佳子




別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:2
∧top | under∨

スリランカ日記。

すでに帰国して10日以上経過しておりますが…

スリランカの旅の思い出日記を書いていきたいと思います。



と、その前に先日スリランカのコロンボで空爆がありました。

あいかわらず、のんべんだらりんとしていた私はニュースも新聞も

見ておらず、めいっこと戯れておりました。

師匠からの携帯メールで事情を知り、ショックで!

私たちが旅した街、

一週間前までお世話になっていた国でこんなことが起こってるなんて!

もちろん、旅の下調べで内紛状態で平和とはいいかねることも知っていたけど。。。

研修でお世話になった先生たち、下宿させてもらったJさん、お手伝いさん、ガイドの

K校長とその奥様。

今回の旅で出会えた、笑顔の素敵なスリランカの人々。

戦争ってこんなに身近にあったんだなあって初めて実感しました。

ふと、あいのりバス(スリランカで私たちが旅したバスを私が勝手に名付けた)で

K校長(生粋のスリランカ人)が歌ってくれた吉幾三の『雪國』が

頭の中でなっていた。

「おいかけて~ゆきぐに~」を

「おゆかけて~」だとずっと思っていたというK校長。

だじゃれが上手で日本の事もすっごく詳しい。

そんな、愉快な人々はこんなシビアな状況にいたのだと。

戦争に関してもですが、今回の旅で切実に思ったこと。

スリランカという国を知らなさすぎた。。。

観光ではなく研修旅行だったのですが、

もっともっと、スリランカを勉強していくべきだったなって感じます。

下調べと言えば、ちょっとネットや「地球の●き方」をちら見した程度。

タミル、シンハラ?民族名としてしか知らず。

正直、なぜ戦争してるのかも微妙にしかわからなかった有様。

スリランカのたどった歴史も全く知らず。

話せる言葉は「アーユボーワン」のみ。

英語も全く話せないけど、いくらなんでもひどかった。

本当にちょっと、恥ずかしかった。

今になって、地球の●き方を熟読しております。。。

2週間お世話になった国、そしてまたいつか訪れたい国スリランカ。

次回訪れる際には、もっと文化を落とし込んで楽しみたい!!

なんだか、あいかわらず支離滅裂な文ですみませんね。。。




私が出会ったスリランカの人々は、とてもとても素敵な人たちでした。

はやく、一日もはやくスリランカに、彼らに似合う穏やかで平和な

時間が訪れることを切に願って。

別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨

香りの記憶

img_190726_21568072_0.jpg

今日の四日市は久し振りに朝方曇り空…朝日は拝めませんでした…


……多分…(*_*)

実は寝坊をし、目覚めれば8時(-_-)


最近、アーユルヴェーダにカブレ始めたワタクシは早起きこそ美と健康の源!と疑わず、すでに朝独特のシャッキリした空気も薄れた8時すぎのドンヨリ曇った空の下ガックリしておりました…


ハーブに水やりをしてるとキレイに色付いた(病気??)イチゴとフルーツセージの葉が!思わずパチリです♪

フルーツセージはうちにあるハーブの中でも、とても良い香りで、葉に少し触れただけで甘い香りが漂います(*^_^*)


ハーブだけにかかわらず好きな香りに包まれると癒されますね♪

香りの記憶って時間を越えて長く残る。
つい先日も、脳と香りについてアトリエコケット多美先生のレッスンを見学させて貰ってあらためて、香りが心と体にもたらす作用を学んだのですが…香りのヒーリング効果は本当に高いなぁと実感しました。

私がまだ小さい時、シャンプーはメリット、石鹸は牛乳石鹸でしたが、今でも香りを思い出せる!30年近くたった今でも!たま~に嗅ぐとスゴク懐かしいのと、当時の事を思い出して何だかマッタリ。


あと変ですが、小学生の頃、教科書の匂いが好きでした(*^^*)


誰しも忘れられない香りってあるんだろうな…


目には見えないけど、だからこそ香りの持つ不思議な力に魅力を感じずにいられません♪


明日は何が何でも五時起きです!!
大阪でお勉強なので寝坊は許されません(*_*)v


三重県四日市市
アロマヒーリングルーム はちみつ
*アロマセラピスト 由佳子*

別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨

同じに見えても

久し振りのアップです♪

今アーユルヴェーダに興味シンシンのワタクシでありますが…

アーユルヴェーダとは古代インドで発生した、人間が元気に充実した人生を過ごす為の健康法や医学、生きる為の知恵だそうです(^-^)


健康は美しさへの近道なのでどんなジャンルでも知って損はないですね!
ソコから自分に合う物を選んで身につけていけたら…と思います(*^_^*)
西洋東洋問わずイイもんを取り込んで行きたい♪


アーユルの書籍に
『自然界が常に変化するように自然の中の一部である私達も一日、一瞬として同じではない』とありました。

細胞も生まれ変わり、死んで行き…
目の前の、この手のひらも爪も何もかも同じに見えるけど変化してる。

心も…、一生忘れないと思う事も、やっぱり新しい情報が入り、時がたてば薄らいだり違う物に形を変えていきます…

今何か困難を抱えているとしても、この常に生まれ変わる体、心、環境で人間は必ずそれらを受け止め生きていける。
新たな力に変えられる。新鮮な気分を味わえる言葉でした~o(^o^)o


アーユル生活を完全実践するのは難しいですが

白湯をこまめにとる
早寝早起き(でも朝は七時で起きが限界(*_*)…早起きじゃないなぁ)


いちおう実践してます♪
寝入りが良くなったのとキーンとたまにあった耳鳴りが減った気がします♪
…気のせいかな?

別窓 | アーユルヴェーダ | コメント:0
∧top | under∨
BACK | 隠れ家サロン アロマヒーリングルームはちみつ |